Loading...

トキノハ生活に寄り沿う器・京都 清水焼の店 | トキノハ

キヨミズダイスケ キヨミズトモエ
トキノハロゴ

つくりて

清水大介./ キヨミズダイスケ

清水大介./ キヨミズダイスケ

京都出身。
五代目清水六兵衛の曾孫として生まれる。

京都府立大学で建築デザインを学んだ後、陶芸の専門校に通う。その後、陶芸家猪飼祐一氏のもとで3年間修業し、2008年に陶芸家として独立。

2011年に工房を京都市山科区清水焼団地に移し、「生活に寄り添う器」をコンセプトにした器の店「トキノハ」を開く。

木工作家と共に立ち上げたブランド「KAKEL」をはじめとして、他ジャンルとのコラボなどに積極的に取り組む。

清水大介の陶工作品
トキノハロゴ
清水友恵./ キヨミズトモエ

清水友恵./ キヨミズトモエ

銅駝美術高校、京都市立芸術短期大学で陶芸の基礎を学んだ後、陶芸の専門校で絵付けを学ぶ。
その後、清水焼窯元、山本壱楽窯に絵付師として4年間従事。

電動ろくろの技術を取得するために再び陶芸の専門校でロクロの技術を学び、さらに釉薬の研究のため釉薬の研究施設に2年間通う。

2008年に初個展を開き、陶芸家としてスタートを切る。
2011年に工房を現在の清水焼団地に移し、「生活に寄り添う器」をコンセプトにした器の店「トキノハ」を開く。

氷裂貫入釉とイッチンを組み合わせた作品が特徴。

清水友恵の陶工作品
トキノハロゴ

[ tokinoha Instagram ]