TOKINOHA Ceramic Studio

Discover the beauty of making ceramics.

作るの想いに出会う場所

生活に寄り添う清水焼を作るTOKINOHAは、
作り手と使い手の距離をもっと近くしたいとの想いから、
それまで離れた空間にあったショップと工房を一体化し、
2021年、TOKINOHA Ceramic Studioという新しい空間をつくりました。

Tokinoha focuses on Kiyomizu-yaki daily-use pottery-ware, eager to engender an intimate interaction between the creator and the user. In 2021, we have combined our shop and studio, which used to be two different entities, into one site, and to name it Tokinoha Ceramic Studio.

STUDIO

WORKSPACE

TOKINOHAの器が
生まれる場所
TOKINOHA Ceramic Studioの中心には、「工房」があります。
全てのTOKINOHAの器は、ここで誕生します。
You may witness and bond with the work of craftsmen before purchase.
The underlying base of Tokinoha Ceramic Studio is the studio itself, where all the Tokinoha goods are fabricated.

SHOP

職人を見て、
感じながら、購入できる
TOKINOHA Ceramic StudioのSHOPは、工房と一体化した空間になっています。
SHOPから工房がのぞけるので、お客様は職人がどのように器を生み出しているのかをダイレクトに感じることができます。
You may witness and bond with the work of craftsmen before purchase.
The shop for Tokinoha Ceramic Studio is adjoined to the studio. You may openly observe the craftsmen at work to acquire the feel of how the pots are created.

1DAY LESSON

ここでしかできない
贅沢な陶芸体験
TOKINOHA Ceramic Studioの陶芸体験は、ここでしかできない2つのスペシャルな陶芸体験をご用意しています。
A unique ceramics involvement that one can only discover here.
There are two distinct choices for understanding pottery at Tokinoha Ceramic Studio.

SCHOOL

継続的に陶芸を学べる
スクールをご用意
陶芸を継続的に学びたい方向けにスクールをご用意。
本格的にプロを目指したい方にも対応しています。
We provide an educational program where one can continue to learn pottery.
There is a school for those who seek to undergo a class-based program to learn pottery. We cater the program to those who wish to be professional potters as well.

FOODSTAND

見た目と触り心地だけでなく、
舌でも器を味わう
いつもは脇役に徹しているTOKINOHAの器が、ここでは主役に。見た目と触り心地だけでなく、味覚でも器を感じられる、ちょっと変わったドリンクやフードをご用意します。*内容は時期によって変わります。
Connect with ceramics not only visually and physically, but feel it viscerally!
Tokinoha vessels have supplied numerous cuisines in the past. Here, they become the protagonists! Relish the aesthetics of wares with your eyes and hands, but also with your appetite, as we provide unique, savory drinks and foods!*Content may change depending on seasons.

PRODUCT

シンプルで飽きのこないデザインが魅力のTOKINOHAの器。
多彩なシリーズ展開もその特徴です。

The chief merit of Tokinoha pottery is its simple design that is practical in all situations. Other strong points are present in the wide variety of series and styles.

PRO-ORDER

TOKINOHAの姉妹ブランドである「素—siro」は
料理のプロフェッショナルのために、
フルオーダーで器を作るブランドです。
TOKINOHA Ceramic Studioの2Fには
「素—siro」のためのスペースをご用意しています。

[Siro], which is the sister brand of Tokinoha, offers full pre-order services catering to professional chefs. [Siro] is located on the 2nd floor of Tokinoha Ceramic Studio.

TEAM

TOKINOHAの作り手やスタッフ、
サポートメンバーをご紹介します。

We will introduce the potters, staff, and support members of Tokinoha.

PROJECT

TOKINOHAは陶芸が未来に続く持続可能な仕事になるよう、
様々な課題に取り組んでいます。

Tokinoha intends to strive to make ceramics a feasible and sustainable business for the future.

INSTAGRAM

@tokinoha_kyoto

  • 【ピッツァ灰】<br><br>昔のテストピースが出てきました。<br><br>陶芸というと唯一無二、一点ものの即興芸術のように思われませんか?<br><br>もちろんそういう焼き方をすることもありますが、<br>気の遠くなるような量のテストを経て<br>たった一つの色味を導き出すことも多いのです。<br>(TOKINOHAではほぼ、テストを重ねています😌💦)<br><br>ガラス成分<br>粘土成分、<br>溶媒成分など・・・<br>少しずつ配合を変え、<br>材料を混ぜ<br>乳鉢を抱きかかえてゴロゴロ擦ること数十分。<br><br>そして出来上がった釉薬を、<br>小さなピースひとつひとつに筆で塗り、<br>その度に窯を焚き、<br>そして色味を見ながら、、、。<br>これぞという色を見つけだします。<br><br>さてこのテストピースには何か書いてあります。<br><br>『ピッツァ灰』<br><br>ピッツァ🍕?<br>なかなか渋くて味わいがありますね😌
  • 【自分にフィットする器をお探しの方は】<br><br>TOKINOHA Ceramic Studioでは、ただいま一輪挿しの花器が並んでいます。<br>#おうち時間 が増えて、家に花を飾る人が増えているようですね💐<br><br>TOKINOHAでは、花器はいつでもあるアイテムではなく、<br>オーナー(@daisuke_kiyomizu )が「これぞ!」というタイミングでろくろを回し形を決め、<br>インスピレーションで釉薬をかけて焼き上げるレアなアイテムです。<br>そのため、色や形などはその時の出会いということになります😌<br><br>これがとても美しく、<br>お店ではこの花器の前で足を止める人も多いのです。<br><br>✳︎<br><br>けれど、「それじゃ自分が欲しいサイズ感の花器はずっと手に入らないってこと?」というお声もあるかと思います。<br>そんな方にお伝えしたいことがあります。<br><br>以下、なんだかコマーシャルのようになり少々恥ずかしいのですが、<br>ご興味のある方はお付き合いください🙇‍♀️<br><br>✳︎<br><br>TOKINOHA Ceramic Studioでは、リニューアルしてから新しく<br>【メンバーズ】の制度を導入しました。<br>日ごろ私たちの耳に届く「ちょうどよい器が見つからない」の声に応えるべく、<br>メンバーの方限定で【うつわのセミオーダー】を承っています。<br>ベースは普段私たちが扱っている土と釉薬になりますが、<br>お好みのサイズやフォルム、用途を加味してご相談のうえお作りします。<br>かなり幅広くお作りでき、もはやセミオーダーの域を超えている気がします👀<br>(スタジオの2階はメンバー限定のオーダーギャラリーとなっています☺️)<br><br><br>普段づかいの器はもちろんのこと<br>なかなか出会えないレアアイテムである花器もオーダー可能なのです。<br>しかも、お好みの色や形で。<br><br>✳︎<br><br>会員登録は有料となってしまいますが、<br>金継ぎのサービスやイベントへの先行案内など、特典もさまざま。<br><br>「自分にフィットする、ちょうどよいうつわがほしかった」<br>という方や<br>「ちょっとうつわで遊んでみたい」<br>という方など<br><br>とてもご好評いただいています。<br>実際わたしたちも「こんなに喜んでもらえるんだ😳」と驚きました。<br>同時に、こんなにもうつわのことを考えて、楽しむ方たちがいるということが嬉しくもあります。<br><br>✳︎<br><br>全力でコマーシャルしてしまって気恥ずかしいので、<br>詳細をもっと知りたい方はDMやメールでお気軽にお尋ねください😊💦<br><br>TOKINOHAは、みなさんの楽しいうつわライフを応援します🙌
  • 【TOKINOHAのアクセサリー】<br>TOKINOHAの隠れた名品、アクセサリー。<br>うつわに使う釉薬を使っているので、<br>うつわを使っていただいている方にはその面影が見えるかもしれません👀✨<br><br>✳︎<br><br>さて、夏はやっぱりアクセサリーですよね!<br>どれも雰囲気が違うので、いくつ持っていてもいいんですよね!<br>なんて理由をつけて、ついつい手が伸びてしまいます😌<br><br><br>ピアスとイヤリングをご用意しています。<br>ぴあすのポストはチタン。<br>イヤリング派で耳たぶが薄い&はさむと痛くなる方のために、<br>耳たぶに触れる部分にシリコンのカバーをつけています🙆‍♀️<br><br><br>今は店舗限定のお取り扱い。<br>そのうちオンラインストアでもご案内できればと思っています。<br>どうぞご期待ください☀️✨
  • 【キャンディでもない、ブロックでもない】<br><br>これはTOKINOHAの、お箸一膳がシュッと置ける箸おき。<br><br>箸置きって、生活スタイルによっては無くても困らないのかもしれません🤔<br>でも、あるといいんですよね。<br>食卓がキチンとする気がします。<br><br>なにより、この箸おきは<br>並べてもかわいい✨😌<br>眺めてもかわいい✨😍<br><br>積み木のようで、キャンディのようで<br>なんだか手にとりたくなるフォルム。<br><br>店頭でもそんなお声をよくいただきます。<br>人間の本能をくすぐる形なんでしょうか。<br>なんとなく、こどものころよく食べた<br>2個入りの小さなキューブ型のキャンディを思いだしてしまいます。<br><br><br>裏技ですが店頭では、お好きな4色の組み合わせでお箱にいれることもできますよー<br>#ひとり暮らし の方へも<br>#ふたり暮らし の方へも<br>#4人家族 への贈り物にも🙆‍♀️<br><br>
  • 【utsuwaku 予約受付けについて】<br>TOKINOHA Ceramic Studioの姉妹店、“HOTOKI”で開催する特別なイベントのお知らせです!<br><br>HOTOKIの店内全体を<br>●アウトレット商品<br>●オーダーメイド商品<br>●デッドストック<br>で埋め尽くす『うつわをもっと楽しむ4日間 utsuwaku』。<br>主催である私たちも楽しみにしてしまうほど、<br>私たちが作ってきたあらゆる器が一堂に介する機会。<br><br>感染対策のため予約限定となっておりますが、<br>みなさまにお会いできれば幸いです☀️<br><br>✳︎<br><br>予約開始日は6月9日(水)12時より。<br><br>ご予約はHOTOKIのホームページ、またはHOTOKIのinstagramプロフィール画面から<br>「体験・utsuwakuの予約はこちら」の下にあるリンクにアクセス。<br>(HOTOKI インスタアカウントは画像にタグ付けしています👀)<br><br>7月1日(木)〜4日(日)の期間に進んでいただき、ご希望の時間枠をお選びください。<br>なお、電話・メールでの予約はお受けできません。予めご了承ください。<br><br>✳︎<br><br>「うつわをもっと楽しむ4日間 utsuwaku」<br>▪️日時:2021.7.1(木)〜4(日)開催<br>▪️場所:HOTOKI<br>▪️予約入場制<br>▪️入店料:お一人様500円(当日のみ使えるチケット500円付き)<br>▪️1日4枠 各枠12名限定<br>①10:00〜11:30 ②12:00〜13:30<br>③14:00〜15:30 ④16:00〜17:30
  • 【TOKINOTANE 3】<br>TOKINOTANEは、TOKINOHAの若手職人の育成の過程をブランディングするプロジェクト。<br>しかし若手職人を育成することは、ものづくり業界全体にとって必要不可欠です。<br>豊かな手仕事を未来に繋いでいくため、<br>そして職人のタネたちを大切に育てていくため、<br>あらゆる業界全体で考えていかなければいけない問題です。<br>【TOKINOTANE】は、未来を明るくする方法のひとつとして発信していければと考えています。<br><br>✳︎<br><br>リニューアルと同時に動き出した、私たちの新しいプロジェクト“TOKINOTANE”<br>未来の陶芸職人を育成するプロジェクトです。<br>職人の卵たちが、ろくろの技術や陶芸を身につけていく過程で制作したうつわを<br>よりお手にとりやす価格で皆様に提供しています。<br>そして、その売り上げの一部を職人たちへ還元していきます。<br><br>TOKINOTANEは現在、TOKINOHA Ceramic Studio店頭と、《ソーホー @soho_pottery 》での限定販売です。<br>どうぞお見逃しなく。
  • 【TOKINOTANE 2】<br><プロジェクト概要><br>「トキノハ」になる前の小さな「タネ」から生まれるうつわを【トキノタネ】としてブランディングする構想が生まれました。<br><br>若手職人が作る、すこしぎこちなくて愛らしい器を、種子をイメージしたオリジナルのお菓子と合わせパッケージ化。<br>『商品』としてお客様の目に触れる場を作ることで、作り手としてより高い意識を持つきっかけを創出できればと考えています。<br>そして、生まれた売上の一部は若手の作り手に還元する。<br>職人を志す人が減っているいま、その循環は人を育てる大きな活力となります。<br><br>✳︎<br><br><菓子 「ときのたね」><br>種子をイメージしたオリジナルのお菓子を考案してくれたのは、<br>neutralの北嶋竜樹さん。 @neutral.scape <br>淡く優しい雰囲気の配色と、滋味深い味わいで丁寧に作られた大豆のお菓子には、一人一人の職人としての種が、芽吹き、豊かな葉へと成長するよう願いが込められています。<br><br>✳︎<br><br>リニューアルと同時に動き出した、私たちの新しいプロジェクト“TOKINOTANE”<br>未来の陶芸職人を育成するプロジェクトです。<br>職人の卵たちが、ろくろの技術や陶芸を身につけていく過程で制作したうつわを<br>よりお手にとりやす価格で皆様に提供しています。<br>そして、その売り上げの一部を職人たちへ還元していきます。<br><br>TOKINOTANEは現在、TOKINOHA Ceramic Studio店頭と、《ソーホー @soho_pottery 》での限定販売です。<br>どうぞお見逃しなく。
  • 【TOKINOTANE 1】<br>リニューアルと同時に動き出した、私たちの新しいプロジェクト“TOKINOTANE”<br>未来の陶芸職人を育成するプロジェクトです。<br>職人の卵たちが、ろくろの技術や陶芸を身につけていく過程で制作したうつわを<br>よりお手にとりやす価格で皆様に提供しています。<br>そして、その売り上げの一部を職人たちへ還元していきます。<br><br>TOKINOTANEは現在、TOKINOHA Ceramic Studio店頭と、《ソーホー @soho_pottery 》での限定販売。<br>どうぞお見逃しなく。<br><br>✳︎<br><br><きっかけ><br>土練り三年、ロクロ十年。<br>古くから言われている陶芸の修行年数です。<br>陶芸に限らずひとつの技術を習得するためには長い時間がかかります。<br>修練の過程で作られたうつわは行き場がなく、努力すればするほど物理的にも蓄積していくという現実があります。<br>しかしそのぎこちない器のなかには、未完成ながらそこにしかない魅力もあります。<br>希望が詰まった「種」のような器と、それを作りだす若手のエネルギーを、良い形で昇華できないかと考えていました。
  • 【6月の茶会 『釉薬を味わう』】<br>ストーリーで告知しております、茶会『釉薬を味わう』<br>6月に入りいよいよだなと感じております。<br><br>まだ若干名のお席のご用意可能です。<br>興味を持たれた方はインスタストーリーにて予約サイトへアクセスください。<br><br>当日への期待が膨らむ美しく印象的な写真も撮影していただきました。<br>皆様のご来訪をお待ちしております。<br><br>詳細は以下↓<br><br>日 時:6月19日(土)/6月20日(日)<br>時 間:①11:00-12:30 ②14:00-15:30<br>定 員:各回6名<br>料 金:¥5,500(税込) <br>会 場:TOKINOHA Ceramic Studio<br><br>—<br><br>TOKINOHA Ceramic Studioは、@inflorescenceさん、@neutral.scapeさん とともに、<br>陶芸を様々な角度から捉え、自由な発想で器づくりの面白さを発信するプロジェクト「CLAY_EAT | PROJECT」を立ち上げました。<br><br>このプロジェクトで初めてのイベントのコンセプトは『釉薬を味わう』。<br>当日は「釉薬」を中心にした工房ツアーと、釉薬に交わるお話をいたします。<br>釉薬って聞いたことあるけどどんなもの?<br>そんなことについて深く学んでいただける内容になっているかと思います。<br><br>釉薬について知識で味わったあとには、味覚で釉薬を味わいます。テーマは、「もし釉薬を食べたらどんな味がするだろう?」<br>“釉薬“を”味覚“として表現したお菓子とドリンクを、黄色の釉薬で焼き上げたTOKINOHAのうつわを使い、実際に召し上がっていただきます。<br>お菓子とドリンクはそれぞれ、inflorescenceさんとneutralさんによるこの日のこの企画だけのためのものです。<br><br>—<br><br>セラミッククリエイション @tokinoha_kyoto  <br>フードクリエイション @neutral.scape  <br>アートディレクション @inflorescence_jp
  • 【6月の茶会 『釉薬を味わう』】<br>ストーリーで告知しております、茶会『釉薬を味わう』<br>6月に入りいよいよだなと感じております。<br><br>まだ若干名のお席のご用意可能です。<br>興味を持たれた方はインスタストーリーにて予約サイトへアクセスください。<br><br>当日への期待が膨らむ美しく印象的な写真も撮影していただきました。<br>皆様のご来訪をお待ちしております。<br><br>詳細は以下↓<br><br>日 時:6月19日(土)/6月20日(日)<br>時 間:①11:00-12:30 ②14:00-15:30<br>定 員:各回6名<br>料 金:¥5,500(税込) <br>会 場:TOKINOHA Ceramic Studio<br><br>—<br><br>TOKINOHA Ceramic Studioは、@inflorescenceさん、@neutral.scapeさん とともに、<br>陶芸を様々な角度から捉え、自由な発想で器づくりの面白さを発信するプロジェクト「CLAY_EAT | PROJECT」を立ち上げました。<br><br>このプロジェクトで初めてのイベントのコンセプトは『釉薬を味わう』。<br>当日は「釉薬」を中心にした工房ツアーと、釉薬に交わるお話をいたします。<br>釉薬って聞いたことあるけどどんなもの?<br>そんなことについて深く学んでいただける内容になっているかと思います。<br><br>釉薬について知識で味わったあとには、味覚で釉薬を味わいます。テーマは、「もし釉薬を食べたらどんな味がするだろう?」<br>“釉薬“を”味覚“として表現したお菓子とドリンクを、黄色の釉薬で焼き上げたTOKINOHAのうつわを使い、実際に召し上がっていただきます。<br>お菓子とドリンクはそれぞれ、inflorescenceさんとneutralさんによるこの日のこの企画だけのためのものです。<br><br>—<br><br>セラミッククリエイション @tokinoha_kyoto  <br>フードクリエイション @neutral.scape  <br>アートディレクション @inflorescence_jp
  • 【6月の茶会 『釉薬を味わう』】<br>ストーリーで告知しております、茶会『釉薬を味わう』<br>6月に入りいよいよだなと感じております。<br><br>まだ若干名のお席のご用意可能です。<br>興味を持たれた方はインスタストーリーにて予約サイトへアクセスください。<br><br>当日への期待が膨らむ美しく印象的な写真も撮影していただきました。<br>皆様のご来訪をお待ちしております。<br><br>詳細は以下↓<br><br>日 時:6月19日(土)/6月20日(日)<br>時 間:①11:00-12:30 ②14:00-15:30<br>定 員:各回6名<br>料 金:¥5,500(税込) <br>会 場:TOKINOHA Ceramic Studio<br><br>—<br><br>TOKINOHA Ceramic Studioは、inflorescenceさん、neutralさん とともに、<br>陶芸を様々な角度から捉え、自由な発想で器づくりの面白さを発信するプロジェクト「CLAY_EAT | PROJECT」を立ち上げました。<br><br>このプロジェクトで初めてのイベントのコンセプトは『釉薬を味わう』。<br>当日は「釉薬」を中心にした工房ツアーと、釉薬に交わるお話をいたします。<br>釉薬って聞いたことあるけどどんなもの?<br>そんなことについて深く学んでいただける内容になっているかと思います。<br><br>釉薬について知識で味わったあとには、味覚で釉薬を味わいます。テーマは、「もし釉薬を食べたらどんな味がするだろう?」<br>“釉薬“を”味覚“として表現したお菓子とドリンクを、黄色の釉薬で焼き上げたTOKINOHAのうつわを使い、実際に召し上がっていただきます。<br>お菓子とドリンクはそれぞれ、inflorescenceさんとneutralさんによるこの日のこの企画だけのためのものです。<br><br>—<br><br>セラミッククリエイション @tokinoha_kyoto  <br>フードクリエイション @neutral.scape  <br>アートディレクション @inflorescence_jp
  • 【フォーサラダとcopper】<br>前回の投稿のcopper。<br>青の深みが印象的なこのうつわ。<br><br>そのうつわとしての魅力はさることながら、<br>料理を乗せたときにも更なるパワーを発揮します✨🍽✨<br><br>#フォー を#サラダ 仕立てに🥗<br>TOKINOHAの料理上手なスタッフが腕をふるってくれました😋<br><br>「めっちゃ簡単ですよ!」<br>とのことですが、#外食 の気分 を味わえることうけあいです👀
  • 【copperのあおいろ】<br>「あおいろ」<br>といって思い浮かべる色はどんな色ですか?<br><br>日本では本格的な夏を迎える前のちょうどこの時期に生い茂る葉の色を指す「青葉」という言葉があります。<br><br>緑なのに、青。<br>古来の日本人が感じていた色の捉え方に由来するそうですが、青って幅が広いなあと改めて感じます。<br><br>✳︎<br><br>TOKINOHAのうつわに<br>copperというシリーズがあります。<br>copperは銅のことで、釉薬に金属の銅を混ぜて発色させています。<br><br>✳︎<br><br>copperのあおいろ。<br>これがなかなか味わい深い色です。<br>よく眺めると、紫や濃紺が奥行きに見えてきます。<br>そして所々、キラリと結晶のような透明感も見えるような。<br><br>さすがに緑は見えないような気もするけど、<br>ひょっとして目を凝らすと見えてくるのかも。<br><br>そんなことを思わせるほど、<br>見飽きない複雑な色味です。<br><br>✳︎<br><br>窯出しごとに揺らぐ繊細な釉薬の色味は、大量生産では避けられる表情かもしれません。<br>TOKINOHAのような小さな工房だからこその、あおいろ。<br><br>TOKINOHA Ceramic Studioでご覧になってくださいね。<br><br>(明日火曜日は定休日です、ご注意を!)
  • 【ー陶器のお皿ボタンー 】<br>ボタンとアクセサリーのブランド sumie(@yuuka_miyazono) の制作協力をしました。<br>TOKINOHAのうつわの色味が小さな陶のボタンに落とし込まれています。<br>ふだんは見られないトキノハのクリエイション。<br>一週間限定、京都伊勢丹で開催中です。<br><br>----<br>《初夏・梅雨・夏の前〜傘・ボタン・ストール〜》<br>2021.5.26~6.1<br>10:00~19:00<br>※土日休業<br>JR京都伊勢丹 5階婦人服 SPOT<br><br>----<br>↓ sumie さんより↓<br><br>陶器のボタンは戦前には多くみられましたが、プラスチックの台頭で姿がグッと減りました。<br>ボタンとしては、割れる・重い・高価の三重苦ですが、この質感と重量感は陶器でしか出せません。<br><br>今回、ご縁があって繋がることができたTOKINOHAさんのご協力の元、作成を実現することができました。<br><br>20mm、 10色、ご用意しています。